ザキヤマエンヂニアリング

止まるな。手を動かせ。

MacBookairに入れてる無料アプリを整理してみた

かゆいところに手が届く!

もとまか日記を読んで、

ビビっと来たMacアプリをインストールしてみました。

無料、有料問わず、アプリを選ぶポイントは少しでも無駄な作業を減らす=効率化できるかどうか。

例えば今日の天気ってどうなんだろ…。と思った時にメニューバーを見ればOKなアプリをインストールしておけば、わざわざWebなりで検索しなくて済みます。

「そんな、些細なことくらいいいじゃん」

と思うかもしれませんが、1回の確認に1分かかるとしましょう。

1日に何回天気を確認しますか?1週間なら?1年なら?

ほら、結構な回数になりそうでしょ?

5回確認したら5分ですよ。5分あれば結構なことができます。

ってことで以下、インストールしたアプリ達です。

今回インストールしたのは3つ

f:id:ymzkryo:20130123130804p:plain

  1. Calendar
  2. WindowFlow
  3. FormatMatch

以上のアプリです。ではそれぞれどういう風に無駄が省けるのかを紹介します。

どんなアプリ?

Calendar  
このアプリはメニューバーに常駐し、マウスでアイコンをクリックすると…

  f:id:ymzkryo:20130123132402j:plain

これで、iCalを起動しなくても予定が確認できるようになりました。

しかもメニューバー上で日付を表示してくれるのが地味に便利!!

その機能の為だけにiPhoneでも標準カレンダーアプリを利用してるのでポイント高いです笑

WindowFlow

これはCommand+tabで行う起動中アプリの切り替えをoption+tabでより詳細にしてくれるアプリです。アプリごとのウィンドウ切り替えにも対応。

例えば、Safariを4つのウィンドウで開いていたとしましょう。(僕がそうなだけ)

Command+tabでは”Safari”しか指定できませんが、WindowFlowを使えば、option+tabでどのウィンドウかを指定出来ます。

テキストエディタを複数枚表示しているとか、Finderをいくつも表示している時にも便利ですね!!

FormatMatch

さいごはFormatMatchになります。

Webページからコピペした時に書式やリンクなんかも全てコピペされて、苛立ちを覚えた経験、無いですか?

僕はブログを書くときにしょっちゅうです。(決してコピペ記事を書いてるわけじゃないですが)

このアプリを起動しておけば、コピペした時に書式をカットしてくれます。

Webページからの引用をする時なんかに便利ですよ!!

さいごに

冒頭でも言ったように、僕のアプリを選ぶ基準は「効率化」です。それはiPhoneiPadアプリにも同じ事が言えます。

本当はアプリではなく、スクリプトなり組んでしまえばいいのでしょうが、そこまでいくと「非効率」でないかと考えています。

他人の功績に感謝し、楽しいMacライフを!!

広告を非表示にする